2017.01.14 NSS over35Ladies(仮称 ※年齢不問)

先日の2017.01.13-14 U10コンサドーレカップの記事に一部掲載がありました「NSS お母さんチーム」の活動についてご紹介します。

話は1年以上前に遡りますが、NSSのU12とU15の選手の保護者の皆様の一部から「子供たちのプレーを観てるとじれったい!あれくらい私たちにもできるよね?!!」との声が上がりました。

その話を相談されたU12のスタッフから「選手登録しなくても出られる大会(コンサドーレ・エスポラーダカップ)がありますよ。お母さんたちのリフレッシュも兼ねてやって見たらどうですか?」とのアドバイスを経て約1年間、週に一回子供たちを相手に楽しくトレーニングを重ねてきました。
(写真は伊達小学校体育館で毎週火曜日の夜に行ってきたトレーニングの様子です)

 

そして迎えた2017 コンサドーレ・エスポラーダカップ。「少年団母」のカテゴリーにエントリーです。

試合前の様子を見ると若干表情に硬さが見られます。

それもそのはず。

対外試合も初ならフェスティバル形式とはいえ、いきなりの大会参加です。でもそこは大人、試合前の礼の際の深さに子供にはない社会経験の厚みを見せます。

 

試合前に円陣を組んで気合を入れて試合開始。随所にトレーニングの成果を見せますが、予想どおり極度の緊張によるものか非常に動きが硬く、ベンチからの修正のための指示も一切耳に入らない状況… まぁ帯同していたスタッフの経験上「仕方ないなぁ」との印象です。1試合目の前半終了時にベンチに戻ってくるなりお母さんたちからは「6分が長い!!」との感想でした。

その後は硬さも若干取れて、交代メンバーがいない中奮闘するも結果3戦全敗で大会を終えます。

全試合終了後、準優勝したU10のチームから表彰状・トロフィー・景品のボールを「ちょっと貸して!!」と借り受けて(笑)記念撮影。初の大会参加の緊張から解放されたお母さんたちは、この日一番の笑顔でした。

最後に「お母さんたちの喜び方を見て撮影時の表情の作り方を学んだU10の選手たち」と会場に応援に来ていた選手兄妹らも交えて全員で「イエーイ!!!」と声を揃えて記念撮影。

参加したお母さんたちからは「楽しかった!」「次は勝てる気がする」「交代メンバー無しはキツい」等々、ポジティブな感想が出ていました。

 

・・・という感じで、北湘南サッカースクール over 35 Ladies(仮称)は活動しています。2017年の2-3月は伊達市内の学校開放体育館が使用できないことから伊達市総合体育館でのランニング等の自主練習を予定していますが、一緒に楽しく汗を流す仲間(「over 35(仮称)」は一切関係ありません。年齢不問です)を募集しています。

ご関心のある方はこちらからどうぞご連絡ください。